日本の結婚式の歴史と神前式について

日本の結婚式スタイルの変化

日本における結婚式のありようというのは時代によって大きく変わってきました。何より結婚の定義自体も時の情勢や身分などによっても大きく変わっており、その時代だからこういったものという特定する事も難しいです。ただ一つ言えるのは現在のように特定の場所に出向いて挙式するという事はあまり行われませんでした。江戸時代までは基本的に自宅に親族などを呼んで挙式する、今で言うなら人前式が一般的でした。裕福な人の中には、料亭などの一室を借りて行う事はあったようです。
こういった状況は明治時代に西洋から文物が渡来するにあたって、結婚式の様式も伝来する事によって変化する事となります。それでも当初は家で挙式する伝統的なスタイルが多く、現在のように式場などに出向いて挙式するのが一般的になるのは戦後になってからの事です。

知られざる神前式の歴史

日本の伝統的な結婚式として紹介されることも多い神前式ですが、実際にはそれほど長い歴史があるわけではありません。元々日本では人前式スタイルが一般的でしたので、一部の例外は除いて神社で挙式するといったことはありませんでした。ただ人前式とは言っても神道の神々に誓いをたてるという点は変わりませんので、神道式の挙式とも言えます。
現在のような神前式が誕生したのは明治時代になってからです。時の皇太子殿下(のちの大正天皇)の挙式が皇居内にある皇室ゆかりの神々を祀る宮中三殿賢所で行われたのが契機となりました。この模様が国民に知られると、この挙式スタイルに憧れる声が多数寄せられたことで、皇室の結婚式を参考に今日みられる神前式が整えられたのです。