結婚するということは

結婚したい人は踏み切る前に考えて欲しい

二十歳を過ぎると結婚を意識しだす時期がやってきます。周りが結婚しだすと、焦りや憧れなども出てくるのでしょう。そんな時、相手がいない人は相手探しが先ですが、すでに相手がいる人はそろそろ自分達もと考え始めるかもしれません。でも、ちょっと待ってください。焦って結婚をしようとすると思ってもみなかったことが次々と出てくることもあります。何事にも焦りは禁物ですよ。好きな人とずっと一緒にいたいと思いますが、今の気持ちのままで死ぬまで添い遂げることができますか。子供が生まれて家族になって、また、お互いの家族の事も考え、親戚や近所付き合いなど一人の時よりもたくさんの付き合いが出てきます。煩わしいこともあります。理不尽なこともあるでしょう。何で自分ばかりと悩むこともあるでしょう。

それでも前向きに考えて

夫婦となって二人で暮らしていくだけが結婚ではありません。親との同居を選ぶ人達もいるでしょう。家族が増えたり減ったりすることも、長い生活の中では経験をするでしょう。想像するとうんざりしてしまうかもしれませんが、それでもこの人と何があっても乗り越えられるという覚悟ができたなら思いっきって踏みっ切ってください。ある人の歌の一説に「逢うべき糸に 出逢えることを 人は仕合わせと呼びます」と言う一説がありますが、その通りだと思います。「幸せ」ではなく「仕合わせ」とは、めぐり合わせの事を言うそうです。良いことも悪いことも含む縁のめぐり合わせです。生活していく中で、楽しくて幸福な時間ばかりが訪れるわけはなく、辛くて悲しい困難な時も二人で乗り越えいつまでも寄り添っていくのが、二人がめぐり合って結婚する意味だと思うのです。